記事一覧

■世も末!Supreme18FWweek1並びで思うこと

8/18よりはじまったSupreme18FWweek1。

めちゃ楽しみですよね。

ただ並びの様子が尋常じゃない。

傷害事件まで起きた。

ネットで情報を見ていると、世も末だなと思ってしまう。

それについて思ったことをつらつら書きます。
Supremeに興味なさそうな人が多いみたいです。。。

最近の服がSupremeばかりの僕も転売する以上、何も言えないんですが、う〜ん。。。

でも、明らかにSupremeなんて知らない・ファッションに興味がないという人を集団がいくつもあって、その一人ひとりを対応する店員さんは気分悪いだろうなと思います。

その人たちが悪いとは思いませんし、もしかしたら未成年の子供や孫のために並んでいるかもしれない。

一方、転売で儲かるためにやるのもいいと思いますが、ただ節度は持ちたいなと僕は思います。

その後、並びはグループ抽選に。「俺はね、俺は恐怖しないぞ!」と中国の方は言っているように聞こえます。

なにが恐怖しないのでしょうか。

取り押さえられるなんて、よっぽどのことをしない限り、まずないことなので。。。

そして、その後です。BONDSは怖いし、強いですが、それが仕事です。

そして、場を取りまとめる警備をする人たちです。

だから普通に接すればいいだけです。

シュプリームの店員さんも、BONDSのみなさんも仕事をしている社会人です。

僕は、無礼な人には、無礼に接してもいいと思うので、彼らの態度は無礼な人がいるのが前提の態度だと考えています。

無礼な人って、丁寧でヘコヘコした態度をすると、調子に乗りますからね。

だから、どうしても秩序を保つためには高圧的になるしかない。

そんなことで、変に見られるシュプスタッフ・ボンズもやりきれないのではと思います。

そりゃ、不機嫌になりますよねw。

あ、あと、シュプスタッフのいわゆるカジュアルというか、ヘラヘラしているのは、裏原宿のショップスタッフの伝統的なもんだなと最近、感じています。

それを指摘するのはわかる。なぜなら今のエイプとか、めっちゃ丁寧ですもんね。

ですが、90年代の裏原に通っていた僕としては、それが不自然に感じてしまう。昔は、そんなんじゃなかったじゃんってw(おっさんの懐古主義かもしれませんが)

丁寧すぎる店員さんって、買いたければ買うし、静かに見たいし、逆に気をつかうから、僕は苦手なんですよね。

なので、「お客様は神様」的な考えの丁寧な店員が増えるなか、シュプスタッフのような態度は懐かしく、好ましいですね。(声かけていいかなとちょっと不安になる感じが楽しいw)

シュプリームって決めたことを基本的に曲げないブランドだと思います。

そこが魅力だし、接客含めて、これでいいのです。(断言しますw)

ですが、さすがに、前回の渋谷の暴行に続き、この事態は何かしらの対処がほしいです。事件ですからね。

ただ難しいんだろうなとも思います。

シュプリームは日本だと、それなりの値段ですが、アメリカだと日本の4割引き程度なんですよね。Tシャツとか30〜40ドル。

つまり、中高生から20代前半がターゲットなんでしょうね。

だから、キッズが買える値段帯→基本、買いたいキッズは断らない→ドレコ・IDチェックは基本しない→現状はキッズでなく大人が買う(僕もですがw)

かつ、商品数が多い(ナイキのように1足ずつ販売できない)

このスタンスと流行が相まって、こんなことになってしまっていると考えています。

たとえば、ステューシーがシュプくらい流行ったら同じことになりそうです。

とはいっても、命を危険にさらしてまで並べませんよね。。。この前、NIKEリアクトでatmos新宿に並んだのですが、暑さで1時間で軽く体調不良に。

暑さ対策をしても、嫌だし、ただの苦行だし、時間の無駄だなと思ってやめました。

■「シュプリーム」がロゴをパロディーした養豚企業、問題のアイテムを使用しルックを撮影

8月18日から(オンラインでは25日から)2018-19年秋冬コレクションのローンチをスタートした「シュプリーム(SUPREME)」だが、同コレクションのあるキャップが話題を呼んでいる。

 話題のタネとなっているのは、第1弾のドロップに登場した“Horizon 5-Panel”と呼ばれるキャップだ。“Horizon”の名の通り、キャップのフロント部分には草原と雲が浮かぶ青空のワッペンがあしらわれているのだが、これに米・大手養豚企業のファームランド インダストリーズ(Farmland Industries以下、ファームランド)がツイッターで「ねぇ、『シュプリーム』。ロゴがすごい似ているように見えるよ。このキャップを購入することができなかったから、いくつか送ってくれないか?」と反応。

 その後、「シュプリーム」からコメントはなかったのだが、ツイートから約1週間後の8月30日にファームランドがインスタグラムのアカウントを突如開設。実際に働く農家の人たちが問題のキャップを着用したオリジナルのルックを立て続けに投稿し、「#FARMLANDxSUPREME」と「シュプリーム」にコラボレーションも依頼している。「シュプリーム」は以前から、さまざまなブランドや企業のロゴをパロディー化することで知られているが、すでにSNSにはコラボのモックアップ画像もアップされており、実現を望む声も多数上がっている。

 一連の動きがあってからかリセール市場では同キャップの動きが活発で、定価の3倍近い値がつけられている。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ